手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 部位ごとの痛風の痛みと原因

部位ごとの痛風の痛みと原因

このカテゴリでは、体の部位ごとの痛風の症状や痛みの原因を紹介しています。

痛風発作は、実は体のあちこちで現れます

痛風発作が起きる部位は、人それぞれです。

一般的には足の親指の付け根に起きると思われていますが、肘や膝の関節、手首や手の指関節、足の甲やかかと、足首などにも症状が現れることがあります。

ただしやはり痛風発作で多いのは、膝から下の部分。全体の90%を占めていて、中でも足の親指の付け根が70%だと言われています。

痛みが起こっても「足の親指ではないから、痛風ではない」と考えている方は要注意。痛風ではこんなところは痛まないという思い込みをしてしまうと、病院へ行かずに治療が遅れてしまう場合もあります。

発作の症状は強い痛みや腫れが主ですが、中には痛風が既に慢性化してしまっていてコブのようなものが体の皮下で膨らんでくる場合もあります。

これは痛風結節と呼ばれていて、指の関節や手の甲、耳のあたりや肘、かかと、足の甲、くるぶし、アキレス腱などに現れます。

初期は柔らかいのですが、だんだんと硬くなっていくのが特徴です。痛みがないので放っておきがちですが、重症化すると皮膚を突き破ることも。

痛風はしばらくすると症状が一旦引くため病院へ行くのが遅れがちになりますが、痛みが現れたら重症化する前に医師に見てもらい、早めに治療を受けることが大切です。 

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ