手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 部位ごとの痛風の痛みと原因 » 手の指・甲の痛み

手の指・甲の痛み

痛風の痛みが手の指や手の甲に現れる原因を紹介します。

痛風で手の指や手の甲に痛みが走る?

痛風の初期症状で多いのは足の親指ですが、他にも足首や膝、肘の関節、くるぶしなどがあり、中には手の指や手の甲に痛みが走ることもあります。

手の指や甲が痛くなる症状は全体の割合としては少なめですが、他の部位と同じく激しい痛みや患部が赤く腫れる、熱をもつなどの共通した症状が現れます。

手の痛みを感じた場合、既に今まで他の部位でも痛風を発症していることも多いそう。

何度も発症を繰り返していることで次第に症状が悪化し、複数のポイントに同時に症状が現れたり、腫れや痛みが強くなってきたりします。断片的に痛みや熱をもち、テカテカと赤く腫れる事もあるようです。

手の痛みを感じたら、以前同じような症状が足などに現れていなかったかなどを思い出してみて下さい。

既に繰り返しているようなら、悪化していることが多いので、早めに治療を受けることが大切です。

しばらくすると症状が落ち着くため放っておきがちになりますが、さらに悪化すると尿路結石や腎障害を起こす可能性があるため危険です。

手に痛風の症状が現れる原因は

手の指や甲が突然痛みだし腫れあがってしまう原因は、尿酸がその部分に溜まってしまうことにより引き起こされます。

尿酸は血液などで体を循環し、排泄によって量が調節されます。ところが何らかの原因によって濃度が高まると体の中にどんどん溜まっていき、ナトリウムと塩を作って結晶になります。この結晶が関節に溜まることで痛みが起きるのです。

通常尿酸は比重が重いため、足の関節を中心に症状が出やすいと言われていますが、人によっては手に現れることもあります。

突き指をしたような痛みや手を曲げることができないくらいの痛みに襲われる方もいるようです。
まれに脊髄にたまり神経症状が現れたり、心血管障害や脳血管障害などの合併症を起こすこともあります。

足だけでなく手の指や甲にも突然激しい痛みに襲われたら、数日で痛みがおさまったとしても治療を早めに受けましょう。

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ