手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 部位ごとの痛風の痛みと原因 » ひざ・ひじ関節の痛み

ひざ・ひじ関節の痛み

ここでは「肘や膝が痛い」といった痛風の痛みの原因を紹介します。

膝や肘関節に起こる、痛風の症状は

痛風は一般的に足の指の付け根に症状が起きやすいと言われていますが、膝や肘関節などにも激しい痛みが起こることがあります。

特に膝に発作が起きた場合、痛みによってまともに歩けなくなってしまうこともあり日常生活が厳しくなることもあります。
それでも痛風の特徴として数日続いた後に症状が一旦落ち着くので、安心してしまうことがあります。

痛風の症状の特徴は繰り返し起こることです。徐々に発作の頻度が多くなり悪化していくため、しばらくすると落ち着くからと放置するのは間違いです。

痛みが起こる原因は

膝や肘などの関節に痛みが起こる原因は、血中に増えすぎた尿酸だと言われています。

尿酸は肝臓でプリン体が分解される際に作られる物質です。通常は排泄などで量を調節しているのですが、生活習慣の乱れやストレスなどで過剰に増えすぎてしまうことで調節ができなくなってしまうと、血中に増えてしまうことがあります。

この状態を「高尿酸血症」と呼び、このような状態になると手足の関節などに尿酸が溜まりやすくなります。

溜まった尿酸はトゲトゲとした結晶に変わるため、その部位に痛みや炎症を引き起こしてしまうのです。

肘や膝などの関節に突然痛風発作が起きた場合は、尿酸がその部分に溜まって結晶化してしまったということ。

結晶化した尿酸を白血球の一つである好中球という物質が攻撃をするため炎症や激しい痛みが起こると言われています。

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ