手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 部位ごとの痛風の痛みと原因 » 足の指・甲の痛み

足の指・甲の痛み

足の指や足の甲に痛風の痛みが起きる原因を紹介しています。

痛風の症状は“足”から起きる場合が多い

痛風の初期症状として現れやすいのが“足”です。特に足の親指の付け根や甲、かかと部分に痛みが起こります。

他の病気の初期症状は穏やかに起きることが多いのに対し、痛風の場合は突然激しい痛みや腫れが出るのが特徴です。また、同時に熱をもったりもします。

体の変化に違和感を感じる方がほとんどですが、朝になるといったん収まるためつい油断してしまいがちなのも特徴。

平均的に一週間から10日位で症状が収まるので治っていなくても治ったと勘違いしてしまい、病院へ行きそびれてしまうのです。

痛風は放っておくと次第に慢性化して、関節炎になってしまう可能性も。悪化すると治療がだんだんと難しくなるため、体に異変を感じたら早めに医師に見てもらうことが大切です。

なぜ足に痛みが起きるのか

痛風発作の原因となるのは、体内の「尿酸」という物質です。

尿酸はもともと誰でも血液中にもっているもので、排泄によって体内での量を調節しています。

健康な方の場合、尿酸が過剰に生産されないように酵素などの働きでコントロールされているのですが、肥満や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって上手に排出されないようになると体内にどんどん溜まっていってしまいます。
この増えてしまった尿酸は、体の下半身に溜まりやすくなり、特に足に多く溜まるようです。足に溜まった尿酸はトゲトゲした結晶に変化をするため、ある日突然、激痛や腫れが起きてしまいます、これが痛風です。
なぜ足から始まることが多いのかはまだ具体的に解明されていないのですが、理論上では温度が比較的低いつま先は結晶化がしやすく、親指は他の関節よりも太いため更に尿酸が溜まりやすいと言われています。

足の親指の付け根から発症する人は、実に70%以上を占めているそうです。
痛風発作は特に夜寝ている間に起きやすいため、夜中に突然足の指に激痛が走ったら痛風を疑ってみると良いでしょう。

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ