手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 部位ごとの痛風の痛みと原因 » 痛風発作が起きた時の対処法

痛風発作が起きた時の対処法

このページでは、痛風の痛みや発作の対処方法を紹介します。

痛風発作が起きた場合どうしたら良いか

ある日突然、足の親指の付け根や膝や肘などの関節、手の指や甲などに激痛が起こることを「痛風発作」と言います。

痛風は「風が吹いても痛い」と言われるほどの痛みで、全体の70%以上が足の親指の付け根に症状が現れ、歩くこともままならず靴下も履けないほどだと言われています。

時間としては真夜中に起こることが多いようです。

では、痛風発作が起きた場合はどのように対処すると痛みが和らぐのか。対処方法を紹介します。

痛風発作が起きた場合の対処法

痛風発作になったときの対処法は以下が有効といわれています。

炎症部分を冷やす

痛風は関節が炎症を起こしている状態のため、炎症が起きている部分を冷やすと効果的です。ビニール袋に氷を入れたものや保冷材などを患部に当てて、ゆっくり冷やしましょう。
また心臓よりも高い位置に患部を上げておくと血流量が少なくなるため痛みが和らぎます。

安静にする

痛風発作が起きると痛みと腫れによって、日常生活にも影響を及ぼします。可能なら仕事を休み、炎症が起きた部分を動かさないようにしてじっと過ごすのが一番です。
痛みを和らげようとマッサージするのは逆効果。血流が増加して痛みが強くなるので止めましょう。

尿酸降下剤を医師の処方のもと使用する

既に医師から尿酸降下剤を処方されている場合は、指定された量を飲むようにしましょう。
痛みがひどいからといって多く飲むのは禁物です。尿酸値を急激に下げることにより尿酸の結晶化を促進させて、より悪化してしまうこともあります。
医師からまだ薬を貰っていない場合、痛みをおさえようと市販の鎮痛剤を使用したくなりますが止めておきましょう。

市販薬のアスピリン系の鎮痛剤は尿酸値を上昇させる可能性があるため、服用はおすすめしません。

痛みがある程度まで落ち着いたら病院へ行き、医師の指導のもとで治療を受けましょう。

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ