手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 痛風の痛みの予防・改善に大切なこと » 食生活を見直す

食生活を見直す

プリン体の少ない食品や尿酸値を下げる食事を紹介します。

痛風の予防・改善は食生活から

痛風の予防と改善のため今からできることに「食事法」があります。

日々の生活において食事療法はとても大切で、痛風の原因となる尿酸値を下げる効果のある食事やプリン体の少ない食品を積極的に摂ることで、尿酸値のコントロールをすることができます。
では、どんな食生活を送ると良いのか、ポイントを紹介します。

尿酸値を下げる食生活のポイント

尿酸値が気になる方は以下のポイントを心がけてみてください、

ミネラル・ビタミンを摂る

ミネラルとビタミンが不足すると栄養素が代謝されにくくなります。すると尿酸合成が増加してしまうので、意識的にミネラルとビタミンを含む食事を行うことが大切です。
ただし果物を多く摂るのは良くありません。果物に含まれる果糖は尿酸の生成を盛んにします。

水分をしっかり摂る

水分を摂ると尿の量が多くなるので、多くなりすぎた尿酸も排出できます。毎日2L程度を摂ると良いでしょう。

腹八分目を意識する

食事をする際には満腹ではなく、腹八分目を意識しましょう。肥満は尿酸生成を盛んにしてしまいます。

アルコールは控える

アルコールに含まれているプリン体は、尿酸の原料となります。そのためどんな種類でもアルコールは肝臓で尿酸生成を盛んにしますから、なるべく控えるようにしましょう。
理想は禁酒ですが、禁酒によってストレスが溜まったり付き合いで禁酒は難しかったりもしますから、その場合は適量を守るように心掛けてください。

尿酸値を上げない目安としては、ビールは中ビン1本(500ml)、ワインは200ml、日本酒は180ml、ウイスキーは60mlです。
また毎日飲むことはやめて、1週間に1~2日程度の休肝日をつくりましょう。

避けておきたい、プリン体の多い食品

プリン体を多く含んでいる食品は、なるべく避けるようにしましょう。ただし食べ物から体内へ入る量は全体の20%と言われているので、必要以上に厳しくすることはありません。
アルコールのつまみとして食べたくなるものも多いので、注意しましょう。

プリン体がとても多い食品

  • マイワシ干物
  • あん肝
  • 鶏レバー

プリン体が多い食品

  • 牛レバー
  • 牛ヒレ肉
  • 豚レバー
  • マイワシ
  • カツオ
  • 大正エビ
  • サンマ干物
  • マアジ干物
 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ