手遅れになる前に!痛風の痛み予防・改善ナビ

痛風のつらい痛みの予防と改善が期待できるサプリメントをリサーチ

第一位

恵葉プレミアム


恵葉プレミアム

おすすめ度:

詳細はコチラ

第二位

白井田七


白井田七

おすすめ度:

詳細はコチラ

第三位

葉王


葉王

おすすめ度:

詳細はコチラ

HOME » 痛風の痛みの予防・改善に大切なこと » ストレスを溜めない

ストレスを溜めない

痛風の原因にストレスを感じやすい性格も関係していることを紹介します。

日々のストレスが痛風の原因にも

痛風になってしまう原因のひとつに「ストレス」があります。

痛風患者には30代~50代の男性が多いのですが、この年代は家庭や仕事の不安、責任感などからストレスを感じやすいと言えます。

人間はストレスを感じると心と体が緊張します。緊張状態が続くと異常なエネルギー消費を起こして代謝が活発になり、体内の尿酸量が増えてしまいます。
またストレスによって体調を崩すと尿酸を体外へ排出させる腎機能が弱まるため、結果的に尿酸値を高めてしまうのです。

ストレスを感じやすい性格としてあげられるのが、次のタイプ。

  • 責任感が強い
  • 自信がない
  • 真面目で几帳面
  • 自己主張が強い

このような性格はストレスを溜め込みやすく、それがある日引き金となって痛風を発症してしまうことがあります。

ストレスを溜めないように、リラックスする

性格をいきなり変えることは難しいので、まずは無理なく気分転換を行ってストレスを軽減しましょう。

毎日の息抜きとなるような趣味をもち、気分転換を行う。リラックスする時間を作り、仕事を忘れてゆったりとくつろぐなど、何でも良いのです。

ただし体を無理に動かす激しい運動や遊びなどはやめましょう。
それが気分転換になったとしても、体が疲れているとストレスは軽減しにくいと言えます。
痛風を改善するコツは、あくまで「健康的」にストレスを発散すること。

大食いやビールなどでストレス発散をしても、逆に悪化してしまいますから気をつけて下さい。
なるべくなら、ストレスを排除するよりもストレスを少なくすることが大切です。物事を楽観的に捉えられるようにすること、体に負担をかけない生活をすることで、痛風になりにくい・悪化しにくい環境を作りましょう。

 

部位ごとの痛風の痛みと原因

痛風の痛みの予防・改善に大切なこと

痛風対策サプリメントおすすめ8選

尿酸値を下げる成分をリサーチ